市民講演会報告書2008年9月13日  

市民講演会報告書
社)愛知県建築士事務所協会
名古屋支部

平成20年度名古屋支部の公益事業として、市民講演会と耐震改修相談会を開催しました。
今回の講演会が、市民の防災意識高揚の一助になったと確信し報告させて頂きます。

【名  称】 備えあれば憂いなし!「木造住宅の地震対策」のおすすめ
【日  時】 平成20年9月13日(土)13:00〜16:30
【場  所】 名古屋都市センター 11階まちづくり広場 大研修室
【主  催】 名古屋市・愛知県・(社)愛知県建築士事務所協会名古屋支部
【後  援】 愛知建築地震災害軽減システム研究協議会・中日新聞社
【同時開催】 耐震改修無料相談
【出 席 者】 名古屋市:荒川様・伊藤様・岩崎様・佐原様 
愛 知 県:川端様 講師:稲毛様
       事務所協会:岡田会長他27名 市民:100名
【司  会】 名古屋市 佐原様
【内  容】 ■ 地震ビデオ放映
1. 大地震は必ずやってくる。
2. 地震発生、その時はどうする。
3. 最大の備えは地震に強い家
4. 防災の第一歩は、家具その時どうする。

■ 耐震改修の現状 (名古屋市住宅都市局建築指導部耐震対策係)
1. 木造住宅の耐震化支援について
2. 税の優遇と安くなる地震保険

■ 講演 「木造住宅の耐震改修」を考える (講師:稲毛政信様)
【講演内容】 講演内容は次のとおり
1.私は阪神大地震で被災した。無知ほど恐ろしいものは無い。
2.日本はどこでも大地震がある。日本は世界の中での地震大国である。
3.阪神大震災(平成7年兵庫県南部地震)とは。阪神大震災における主な死因。マンションで亡くなったのは20人程度。寺社や酒蔵等も倒れた。明治以降の死者千名以上の地震被害
4.古い木造建築(住宅)は、大地震で倒れる。
5.耐震設計の変遷。木造住宅の耐震基準の変遷
6.耐震改修事例の状況。リフォーム等に合わせた耐震補強。基礎補強と耐震壁新設と既設壁補強。
7.耐震改修設計・工事の工夫。阪神大震災以後の耐震改修技術開発。
8.国の耐震改修促進策。促進税制。更に耐震改修を促進するために。
9.木造住宅の耐震改修のすすめ。今こそ耐震改修の好機。
耐震改修で地震死を克服しよう。

【その他 】 防災への意識促進として主席者全員に防災グッズをお渡しした。又、今回講師である稲毛政信様の著書「アナタの家は大地震で倒れる」を希望される方に提供させて頂いた。
同時開催の耐震改修相談会場において、10:00より当日の7名のフリー相談希望者と予約を含め、全37名の方の相談を行いました。

市民講演会報告書